完全無料!大人の出会い系ブログ 2010年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ν速で拾える豆知識

82 名前: ハクチョウ(長屋)[] 投稿日:2010/11/27(土) 01:37:17.65 ID:hjLM/VAz0 [2/4]

宗教画の時代
 ↓
もっと人間社会のありのままを描きたい!
 ⇒ルネサンス(遠近法の発明)
 ↓
以降、写実性重視の時代がずっと続く
 ↓
19世紀ころ、写真の発明により画家達の生命ピンチ
 ↓
そんななか、日本の浮世絵に感銘を受けた一団
「3次元を2次元に忠実に写し取るより、
もっと感じるままに描いたらいいんじゃね?」
 ⇒印象派、ポスト印象派の登場

 ↓(ここから様々分岐、発展)

・「つか、色とかも見たとおり描かなくていいんじゃね?」
 ⇒フォービズム
 
・「形とかも見たとおり描かなくていいんじゃね?」
 ⇒キュビズムの登場・・・ピカソはたぶんこのへん

・「現実にあるものを描かなくてもいいんじゃね?」
 ⇒シュールレアリズムの登場

・「つか、もうどうでもいいんじゃね?」
 ⇒抽象絵画、ドリップアートとかいろいろ登場
スポンサーサイト

三国志・ディープな武将紹介【魏編】②『朱霊』

はい、更新再開します。

朱霊さんです。
なぜか曹操に嫌われていた朱霊さんです。
『太祖はいつも朱霊を憎んでいた』とあるからよっぽど何か怨恨があったのでしょうね。
でもこの記述だけじゃ曖昧だし、本当のところはよく分かりませんね。

そもそも、朱霊は元々袁紹に仕えていた部将ながら、援軍として曹操の元へ派遣された際に曹操の人柄に一目惚れし、
「曹公こそ真の君だ」として、そのまま曹操に仕えることになったという過去があります。

その上、名声も功績も徐晃に次ぐと言われた程の人物です。
普通に考えれば、嫌ってあえて遠ざける必要性なんて微塵も無いですからね。
曹操の死後、文帝・曹丕は逆に朱霊さんをベタ褒めして加増どころか
「欲しい物があったら何でも言ってね?」ってデレちゃうくらい評価してたり。

朱霊さん、能力はあるのに曹操の麾下ではけっこう不遇な目にあっていたのでは?
袁紹を見限ったまでは良かったけど、どこで歯車が狂ってしまったんでしょうかねえ。

じわじわくる

149 名前: こぶた(神奈川県)[sage] 投稿日:2010/11/20(土) 02:28:27.53 ID:YguX6/TL0 [3/3]
俺の地元に「ポプラ」というコンビニがある。
先日、父親の運転で親戚の家に行ったんだが、帰り道に「ポプラ」へ寄ることとなった。
で、俺が何気なく「チンポプラ」って口走ったら、運転中にも関わらず父親が俺を殴り始めた。
それだけでなく「33歳にもなって、そんなことしか喋れないのか!」とか意味不明なことを言い出して
終いには涙をボロボロ流し始めた。
何が父親に起こったかわからないが、とにかく不気味な何かを感じたな。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。