完全無料!大人の出会い系ブログ 後漢・群雄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国志・ディープな武将紹介【後漢・群雄編】①『公孫淵』

後漢・群雄編はとりあえず北の方からまったりやっていきたいと思います。

公孫淵です。しょーもない人物です。
遼東・公孫氏ですので、同じ姓ですが北平の白馬将軍とは関係はありません。
父に公孫康、祖父に公孫度がいます。

父・公孫康が死去したとき、公孫淵はまだ幼かったので、彼にとって叔父の公孫恭が跡を継ぎました。
228年、公孫淵は叔父・公孫恭は国を治める能力が乏しいとして、脅迫し位を奪い追放してしまいます。
晴れて公孫淵は遼東太守の座に就くことが出来ました。

その後、公孫淵は不穏な空気を見せます。
呉に歩み寄ってみたり、再び魏に帰順の意を見せたり…。
そうこうするうちに、公孫淵はついに独立する姿勢を見せました。
237年、魏はあまりに粗相が目立つ公孫淵を都に召し出そうとしたわけですが、公孫淵は反抗し武力行使に出ます。
魏の軍勢を追い払った後、公孫淵は自立し燕王を名乗りました。

これには魏側も黙っていません。さっそく司馬懿を討伐に向かわせます。
相手があの司馬懿では公孫淵も為す術ありません。
公孫淵は司馬懿に捕らえられ殺されてしまいましたとさ。

ところでこの公孫淵、字は「文懿」というのですが、三国志にはその名を見ることはできません。
司馬懿〔司馬宣王〕の諱を避けてあえて記されなかったのでしょう。
唐の時代に編纂された晋書には公孫淵は「公孫文懿」の名で登場します。
唐の高祖・李淵の諱を避けるため、こちらでは字の方が採用されたのです。
まあ、公孫淵の字なんて、わかってもわからなくても非常にどうでもいい事なんですがね。
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。